効率が良い筋肉の作り方とは何か?

筋肉の作り方
あなたは筋肉をつけようとしたときに、どういうことに気をつけて筋肉をつけようとしますか?

主に筋トレ、ストレッチ、プロテインを飲むなどの方法があると思います。筋肉をつけるにあたって、色々なシチュエーションを試しながら考えていきたいと思います。

まず、筋トレについてなのですが、筋肥大と言って筋肉を大きくする方法か、筋肉自体を大きくせずに使える筋肉にしていくかの主に2パターンがあります。

また、競技特性によって、速筋といった瞬発力を高める筋肉をつけるか、遅筋といって持久力を高める筋肉をつけるかも重要になってきます。

大きな筋肉をつける場合には、高い負荷をかけながら短い期間内でトレーニングをすることが望ましいです。高い負荷をかけたまま、長い時間をやると筋損傷や筋断裂といった大きな怪我につながりやすいです。

今の筋トレとは対照的に、小さい負荷で長い時間トレーニングをした場合には、比較的筋肉が大きくならずに持久力が高い筋肉をつけることができます。求める筋肉の質によって、筋トレの方法を変えていくことが望ましいです。

続いてストレッチなのですが、筋肉を柔らかくするだけという概念が一般的にはあるのですが、筋肉をやらかくすることによって柔軟性、関節の可動域が増え、筋肉が使えるようになるという考え方が今日、主流となって来ています。ストレッチの種類も主に2つ分けられ、動的ストレッチと静的ストレッチに分けられます。

動的ストレッチというのは、身体を動かしながらするストレッチ(屈伸など)と、身体をじわじわとゆっくり伸ばしながらするストレッチがあります。

ストレッチをきちんとしなければ、つけた自分の筋肉の硬さによって自分の身体を壊してしまう可能性があります。十分に注意をしていきましょう。

最後に、プロテインの種類なのですが、主に3種類ありまして、ホエイプロテイン、ソイプロテイン、ソイプロテインと3種類あります。

一般的には、ホエイプロテインが主流ですが、トレーニング後にすぐ飲むんであれば、吸収率が高いガセイプロテインがおすすめとなります。

まとめとして、トレーニングの方法、ストレッチの仕方、プロテインの鳥肌で筋肉の質が大きく変わってくることを覚えておいた方が良いでしょう。